Fラン大学生がイギリスの大学院生になったブログ。

イギリスの田舎エクセターの毎日。

元Fラン大学生の私がイギリスの大学院生になったブログです。

イギリス大学院に入るための英語力とは⁉条件付き合格とは⁉

こんにちは。

 

 

イギリス大学院に行くには

どのくらい英語ができないとダメなんだろう

と不安な人も多いですよね。

 

 

今日は

元偏差値45の超おバカFラン大学生だった私Kyokoが

イギリス国立大学院に合格するために

①必要な英語力 と

多くの日本人がもらう

②条件付き合格

について書きます。

 

 

ãieltsãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

それではさっそく

イギリス大学院が留学生に求める

英語レベルを私の通うエクセター大学観光マネジメントコースのホームページ

を参考に見てみましょう。

 

 

IELTS (Academic)アイエルツ

Overall score 6.5. No less than 6.0 in any section.

総合点が6.5以上で4技能(LRWS) のうち1つでも6.0未満があるのはダメ。

コースによっては総合点が7.0いるコースもあります。

 

TOEFL IBT*トーフル

Overall score 90 with minimum scores of 21 for writing, 21 for listening, 22 for reading and 23 for speaking.

 

Pearson Test of English (Academic) PTEアカデミック

58 with no less than 55 in all communicative skills.

 

Other accepted tests その他

Information about other acceptable tests of linguistic ability can be found on our English language requirements page. 

 

大学ごとに認められるテストは異なりますが

大体どこもこんな感じかと思います。

 

基本的に認められる英語の資格は

IELTS, TOEFLがメジャーな2つで

PTEアカデミックというテストもありますが、

日本で受けている人は少ないと思います。

 

 

私のお勧めはIELTS一択です!!

 

IELTSは他のテストよりも点が取りやすいことで有名で、

テストが全て手書き(紙)なので

タイピングの遅い人にはこれが一番合っています。

 

 

IELTSとTOEFL

テストスタイルも違うので、

どちらも受けるのではなく、

どちらかに絞ってひたすら勉強するのがいいと思います。

 

私はIELTSを3回受けました。

 

大学4年の10月に受けた3回目で

Listening 7.5

Reading 6.0 

Speaking 6.0

Writing 6.5

 

Overall 6.5 を取れました。

 

私の友人は大学卒業後、渡英直前7月まで

IELTS7.0を目指して受けている人もいました。

 

正直入学してから

6.5や7.0じゃやっていけないという

ネットの声も聞いていたので

心配しながら行きましたが、

全然どうにかなっています。

 

それどころか

私の成績はコースの中でも控えめに言っていいほうです(笑)

 

なので後のことは心配せず

とりあえずがむしゃらに6.5もしくは7.0目指して

勉強してください(笑)

 

 

 

続きまして…

イギリス大学院が設ける

条件付き合格(Conditional Offer)

というものについて紹介します。

 

 

条件付きとは

英語以外の書類(GPA、パーソナルステイトメント、推薦状など)

は先に提出して、これらの書類は既に合格している

という状況の事です。

 

 

必要書類につては

こちらの記事を参考にしてください。

kyooon-1994.hatenablog.com

 

 

つまり

英語の点数は渡英ぎりぎりまで

待ってあげるよ、でも点数取れたら早めに出してね。

ということです。

 

英語の点数を出して、

条件付き合格から無条件合格(Unconsitional Offer)になります。

 

 

 

無条件合格を貰ったら

もうあとはビザと航空券をとって

行くだけです。

 

 

しかし、それでも

Overall6.5や7.0は純日本人

にとって高い壁です。

 

そんな方の為にイギリス大学院は

救済措置を設けています。

 

 

この救済措置については

次の明日の記事で

書きたいと思います。

 

 

 

イギリス大学院や勉強、

旅行、なんでも質問があれば

コメントしてください。

 

 

それでは。

 

Kyoko